unhurried

コンピュータ関連ネタがほとんど、ときどき趣味も…

つみたてNISA調査

従来のNISA制度に加えて今年から新たにつみたてNISAという制度が始まりました。NISAとの違いやNISAを利用している人の移行のポイントを自分なりに調べてみました。

つみたてNISAとNISAの比較
つみたてNISA NISA
年間投資上限 40万円 120万円
非課税期間 20年 5年
ロールオーバー できない できる
投資対象 金融庁が承認した投信・ETF 投信・ETF・株式など
投資方法 積み立て 制限なし
投資可能期間 2037年 2023年
NISAからつみたてNISAへの移行
  • 1年ごとにつみたてNISA、NISAのどちらかを選択する必要がある。
  • NISAが利用できる2023年までは自分投資タイプに合った方を利用するのが良い。(例えば、年間に40万円以下の積み立て投信しかしないのであれば、つみたてNISAの方が適する。)
  • NISAからつみたてNISAに移行する場合、NISAの資産は購入から5年間は非課税で保有できるため、その期間の評価益が出ているタイミングで売却もしくは課税口座に移管できると良い。
参考

JRの乗車区間分割

あまり知られていませんが、JRの運賃は乗車区間を分割することで安くなることがあります。例えば新宿~千葉の区間であれば、全区間でのIC運賃は799円ですが、新宿~錦糸町(216円)+錦糸町~千葉(550円)とすると766円となり、33円安くなります。

乗車区間分割で運賃が安くなる理由

JRの運賃の計算方法は複雑なので理由は単純ではないのですが、一つの要因として「JRの運賃は営業キロの数キロきざみで設定されていて、その運賃が単純にキロ数に比例していない」ということがあります。

例えば、幹線と呼ばれる主要都市間を結ぶ路線の運賃表は下記の通りです。15キロでは240円ですが、30キロでは500円と割高になっています。

営業キロ 運賃(切符) IC運賃
1~3 140円 144円
4~6 190円 185円
7~10 200円 195円
11~15 240円 237円
16~20 320円 324円
21~25 410円 410円
26~30 500円 496円

※ このような運賃表になる理由は、「営業キロ数に賃率を掛けて端数を切り上げ、その後に消費税を加える」という計算方法により、切り上げされる端数や消費税の四捨五入部分でズレが生じるためです。

参考

RobustScalerの適用結果をグラフに描画する

scikit-learnの前処理機能の1つであるRobustScalerについて理解を深めるために、単純なデータポイントに適用した結果をグラフにプロットしてみました。

RobustScalerの特徴
  • データポイントを、中央値が0になり、四分位範囲(interquartile range、IQR)が1になるように移動・スケール変換する。
    • 高校数学では四分位数をデータポイントの中央値前後部分の中央値として求めるが、RobustScalerではデータポイントの要素数 n とすると、 q 分位数(quartile)は  (n-1)q +1 番目のデータポイント(自然数にならない場合は値を補完する)として求める。
    • 例:5個の要素を持つデータポイントでは、25%分位数は2番目の要素になる。
  • 平均と分散を使った移動・スケール変換に比べて、外れ値の影響を受けにくい。
検証用コード
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
from sklearn.preprocessing import RobustScaler

# 検証用データポイント
X = np.array([[-4], [-3], [-1], [0], [2]])

# RobustScalerを検証用データポイントに適用する。
scaler = RobustScaler()
X_ft = scaler.fit_transform(X)

# 適用前後のデータポイントをグラフに描画する。
fig = plt.figure(figsize=(8,4))
ax1 = fig.add_subplot(1, 1, 1)
# 適用前のデータポイントをx=1上にプロットする。
ax1.hlines([1], -5, 3)
ax1.plot(X, np.array([[1], [1], [1], [1], [1]]), "o")
# 適用後のデータポイントをx=0上にプロットする。
ax1.hlines([0], -5, 3)
ax1.plot(X_ft, np.array([[0], [0], [0], [0], [0]]), "o")

# グラフの見た目を調整する。
ax1.set_xlim(-4.5, 2.5)
ax1.set_ylim(-0.5, 1.5)
ax1.set_yticks([0, 1])
ax1.set_yticklabels(["after", "before"])

# グラフに注釈(補助線など)を入れる。
ax1.vlines([X_ft[2]], -1, 0, linestyles='dashed')
ax1.vlines([X_ft[1], X_ft[3]], 0, 0.5, linestyles='dashed')
hw = 0.1
hl = 0.1
ax1.hlines([0.25], X_ft[1], X_ft[3], linestyles='dashed')
# 25%分位数は2番目(インデックス1)、75%分位数は4番目(インデックス3)となる。
ax1.arrow(X_ft[3][0]-hl, 0.25, 0.001, 0, fc='black', ec='black', head_width=hw, head_length=hl)
ax1.arrow(X_ft[1][0]+hl, 0.25, -0.001, 0, fc='black', ec='black', head_width=hw, head_length=hl)
ax1.text((X_ft[3][0]+X_ft[1][0]) / 2 - 0.05, 0.3, '1', fontsize=10)

# グラフを表示する。
plt.show()
実行結果

f:id:unhurried:20180109071154p:plain

加湿器の比較

冬場の乾燥が気になるので、加湿器を購入しようと、加湿方式の違いや必要な加湿量など少し調べてみました。

加湿方式の比較
加湿方式 原理 メリット デメリット
スチーム式 水をヒーターで加熱して蒸気を発生させる。 加熱により水蒸気の除菌とミネラル除去ができる。
メンテナンスが簡単。
加湿力が高い。
電気代が高い。
送風口が熱くなる。
気化式 フィルターに水を染み込ませて気化させる。 電気代が安い。 タンクやフィルターが汚れると水蒸気が清潔でなくなる。
送風ファンの音がする。
加湿力が低い。
超音波式 水に超音波を当てて水蒸気にする。 本体価格が安い。
動作音が静かである。
タンクが汚れると水蒸気が清潔でなくなる。
水蒸気の粒が大きいため、部屋が濡れることがある。
水中のミネラルが部屋に付着することがある。
ハイブリッド式 気化式+ヒーター 電気代が安い。 タンクやフィルターが汚れると水蒸気が清潔でなくなる。
本体価格が高い。
必要な加湿量の目安

鉄筋コンクリートの10畳の洋室で300~500ml/h程度

参考

Bookmark with Image

Electronを試してみるついでに、Youtube動画のブックマークをサムネイル付きで管理するツールを作りました。

Github - bookmark with image

f:id:unhurried:20171230102938p:plain

現バージョンではUI部分を素のJavaScriptで書いていますが、先々は何らかのフレームワークで置き換えようと考えてます。

Google ChromeでAdobe Flashを有効化する

ページにアクセスする度にFlashを有効化する方法

Google ChromeはデフォルトではFlashが有効化されていないため、下記の方法でページにアクセスする度に有効化する必要がある。

  • Flashが埋め込まれたWebページを表示すると「クリックして Adobe Flash Player を有効にします」というボタンが表示される。
  • このボタンをクリックするとそのページでのFlashが有効される。
常にFlashを有効化する方法

Flashを有効化していないブラウザに対してはFlashコンテンツを表示せずにエラー画面を表示するページもあり、この場合には「クリックして Adobe Flash Player を有効にします」ボタンが表示されない。この場合は下記の方法で特定のサイトでのFlashを常に有効化することができる。

  • 対象のWebページにアクセスする。
  • アドレスバーの左端にある鍵アイコン(暗号化通信の場合)または情報アイコン(その他の場合)をクリックする。
  • 「サイトの設定」を選択し「Flash」の項目で「許可」を設定する。
参考

マツダ デミオのグレード

前回のダイハツ ブーンに引き続いてマツダ デミオについてまとめてみました。

マツダ デミオのグレードの違い(4WD)

項目 13C 13S XD
価格(税込) ¥1,598,400 ¥1,695,600 ¥2,019,600
燃料 ガソリン ガソリン 軽油
燃費(JC08) 20.6 20.6 22.8
ダークティンテッドガラス オプション あり あり
6:4分割可倒式リアシート オプション あり あり
ドアミラーオート格納 オプション あり あり
オーディオ 液晶オーディオディスプレイ + 4スピーカー 7インチディスプレイ(Bluetooh対応) + 6スピーカー 7インチディスプレイ(Bluetooh対応) + 6スピーカー
オーディオ操作 なし コマンダーコントロール + ステアリングスイッチ + ハンズフリーマイク コマンダーコントロール + ステアリングスイッチ + ハンズフリーマイク
外部接続 USB端子×1 + AUXミニジャック USB端子×2 + AUXミニジャック + ナビゲーション用SDスロット USB端子×2 + AUXミニジャック + ナビゲーション用SDスロット
リアルームランプ なし あり あり
マップランプ なし あり あり
ホイール スチール スチール アルミ

参考